亜鉛サプリメントを摂取

サプリメントの選び方

亜鉛自体が体の中に貯めておくのが難しく、また摂取したとしてもその全部を体内では吸収できません。
そう考えると、やはり天然の食材から抽出したものを選びたいものです。
原材料がしっかり記されているものを選ぶことが重要ですが、牡蠣(かき)は亜鉛を豊富に含んだ食材であり、牡蠣(かき)などを使ったサプリメントを選ぶのがいいでしょう。
牡蠣(かき)には、ビタミン類やミネラル類も豊富に含まれているので亜鉛の吸収も助け、タウリンやグリコーゲンなどの成分も入っているので原材料としても信頼できる食材です。
また、また亜鉛の含有量も成分表などでみておくのがいいでしょう。
男性の摂取量の目安は約10mg、女性は7mgですので、それらを目安にサプリを何錠飲めばいいのかを判断してください。

摂取量と飲み方

一緒に摂取することで、亜鉛を吸収しやすくなる物質があります。
マカ、クロム、セレン、ビタミンCなどは、吸収を助ける効果があるので、それらも一緒に含まれるものがよいでしょう。

亜鉛の摂取上限量は1日あたり30mgですが、サプリメントを選ぶとき(どのくらい含有されているか)と摂取するときには十分に注意をしてください。
後に説明しますが、過剰な摂取量は中毒になる可能性があるからです。

ちなみに亜鉛の推奨されている1日あたりの摂取量は世代により異なります。
最も多いのは男子15歳から17歳は1日あたり10mg、次ぐのは成人男子9mg、次いで成人女性で7mgとなっています。
妊娠中や授乳中は3mgを増やすことが推奨されています。



TOP